【金太郎薬局日赤前店】熱中症こんな人は特に注意を

熱中症、こんな人は特に注意!!

今年は梅雨入りが遅く、体が暑さに慣れていない時期に急に暑くなった日や、湿度が高く風の弱い蒸し暑い日に体を動かすと、気温があまり高くなくても熱中症にかかる危険性があります。その中でも特に気を付けて頂きたいのが高齢者や乳幼児です。

◎高齢者
・温度計や湿度計を使いましょう
高齢者の方は体温の調節機能が落ちてくるため暑さを自覚しにくく、熱を逃がす体の反応や暑さ対策の行動が遅れがちです。気温・温度計などを活用し、まわりの環境の変化の危険を知りましょう。

・室内を涼しく
日差しのない室内でも、高温多湿・無風の環境は熱中症の危険が高まります。
「もったいないから」とは思わずに、冷房や除湿機・扇風機などを適度に利用し、涼しく風通しの良い環境で過ごしましょう。

高齢者の方は自分で暑さや喉の渇きに気づきにくいうえ、体調の変化も我慢をしてしまうことがあります。周りの人が体調をこまめに気にかけ、予防対策を促してあげましょう。